2009年10月23日金曜日

ヘッジファンドに就職する方法

学生さんや同業者から、ヘッジファンドの運用者、ヘッジファンドマネジャーになるためにはどうすれば良いかと言う質問を受ける事が時折あるので、まずはこの点について少し書いてみようと思う。

まずは大学生、大学院生等のかたにヘッジファンドに入るにはどうすれば良いかと聞かれる事が多いので、学生向けに幾らか書いてみたいと思う。

実際の所、ヘッジファンドの運用者に、新卒学生がいきなりなれるものではないし、証券業界や運用業界に身を置いていても未経験者がいきなりなれるものではない。幸運な出会い等の運の要素もかなりある。筆者についても、実際の所は結構「成り行きとご縁」で今に至る面が多々ある。この点は最初に断っておきたい。

学生さんがヘッジファンド業界に入る一番の近道は、外資系の金融機関のマーケット関係の職種に就いて、何年か働く、と言った所だろうかと思う。実際、ヘッジファンド業界に居る人はそう言う人が多い。

そうは言っても、じゃあ日系金融機関はどうなのか、職種はどういった職種が良いのか、必要な勉強分野等はあるのか、ヘッジファンドって儲かるの?と言った疑問があるだろうしFAQとしてはこんな所だと思うので、筆者が書くのに飽きなければ、以後解説してみようかと思う。