2010年5月6日木曜日

インベストメント三文ポエム

と言うコーナーを新たに作ってみようかとふと思いついた。

今までのブログの内容は、基本的にはフィクションはほぼない。「資本主義Matrix」の部分については、観察対象の個人名が余りに分かってしまっても良くないのと、自分自身の経験について全部包み隠さず話す訳にも行かないので(利害関係者も居るので)ある程度フィクション的にしてあるが、それでも過去のキャリアの中で見聞きした事、観察した事や自身の経験の合成とも言えるものである。

せっかく人生一巡して潮風に吹かれながら時間もある。いつか経済小説的なフィクションを書いてみたいなと言う気持ちはあったんだが、どうしても一冊書こうと思うと余りに気が重く伏線を張ったり情景描写をきちんとやったりするのが大変で大変で、またこう言うROIは低いが趣味的なアクティビティをするまとまった時間も心の余裕も過去のキャリアでは中々無かった(注)。この際少しづつ、断片的に書いてみようかと言う次第。

「三文」とあるように、ずばり筆者は小説はシロウトである。また、「就職/転職」「投資/金融トリビア」の場合は、ブログの雑文レベルとは言え多少は情報的価値がある事を考慮しながら書いている一方で、こちらのラベルの文章は純粋に駄文である(汗)。他のラベルの文章と異なり、「完全にフィクション」の内容も多く含まれる事もこのラベル内ではある事もお断りしておく。また、キチンと筋を繋げて作品にするかも未定だし、1話完結でキチンと書く事もあるかも知れないが、ただの情景描写のワンカットを「練習で」書くだけの事も多いと思う。その点お断りしておく。感想であるとか、改善点の指摘など頂けるとそれはもの凄く有り難いが、読者の皆様も何かと多忙と思うので多くは期待していない。多忙なかたは「インベストメント三文ポエム」のラベルがついたものについてはそう言う趣旨だとご理解頂いて飛ばして頂いて全く構わない事を最初にお断りしておこうかと思う。

(注)なので、ある程度以上読めるクオリティの作品を1冊通しできちんと書ける作家は、筆者的にはとにかく尊敬してしまう。

0 件のコメント:

コメントを投稿