2010年7月17日土曜日

メモ:ここ最近思った事を徒然に

完全に、ただの備忘録メモなので、適当に読み流して欲しい。

・小売の投資アイデア:「デフレ関連株ショート、ぷち贅沢関連株ロング」の投資アイデアは、そろそろいったん手じまいして良い頃かなとも。土曜の日経でもオンワードや三陽商会の株価が良くてファストリやポイントの株価がダメ、と言うチャートが出ていたし、王将の月次がマイナス転換とか年初来安値とか言うニュースも良く聞くようになった。ドンペリかき氷が流行っているとか記事も出ていた。ドテンでもう一回デフレ関連株ロングするのは月次の出方を考えると少し早い気はするので、一回閉じて様子見か。

・ドル安転じて日本の輸出関連株は厳しいか:先のジムクレーマーの番組のPPGでも、「ドル安で恩恵」と言って居たが、裏を返すと日本の輸出関連株にとっては余り良い状況ではない。米国はFRBが景気見通しを下げているので金融緩和が続く。これはバブルにならずに適度に調整を入れながらじわじわ株価を上げて行くには良い話。ただ円が高くなりやすい。テックはクリスマス商戦に向けた作り込みシーズンに向けた買いがまた入るかも知れないが、自動車等の輸出関連株はちょっとだるい動きが続くかも知れない。

・輸出関連の戻りは一時的?:輸出関連株はここもとでかなり戻った。内需シフトは続けるべきのように思う。設備投資関連については、例えば半導体製造装置株は、誰でも良いって既に知っている。BBレシオがピークアウトしてることのほうに目が行く面もある。

・個別企業の話幾らか:三洋の半導体事業売却。ポジティブ。日本郵船良好。コンテナうわぶれ。JPモルガン決算良好、来週のGSも多分いい。決算はコマツいい。中国悪くても資源がいいと。来週のキャタピラー決算も多分いい。オエノン良好。エタノール価格低下で。他にも原料価格低下で恩恵を受ける株はあるはず。鉄とか。あとダイキン良好。夏が暑いから。べたな株価つき。一方でビール株は上がってない。これから上がると考えるか、何か株価が上がらない理由があると考えるべきか・・・とは言え決算出たら買っていいんじゃないか。暑いし天気いいし。後は天然ゴム価格が下落中。ブリヂストン買いかな。

増資で連想を働かせると・・・:みずほが増資しして銀行増資第二ラウンド終了なんで、次に不動産に貸せるから不動産はそろそろ仕込みどきなんじゃないか、2011年問題を織り込みに行ってて相当安いよねとか。国債との利回りスプレッドで言っても不動産の魅力が高まっており、海外資金が集まろうとしている。法人税引き下げ、小学校の英語教育義務化等進めば、国際拠点としての東京の価値が高まる可能性もある。後は他の銀行も増資する可能性は考えても良い。その他、インペックスが増資したら大株主の石油資源開発のバランスシートも毀損する一方で、プラントには発注が行く。

フィラデルフィアやニューヨーク州の7月の製造業業況指数の低下云々:米ISM製造業景気指数の先行指標なので、来月頭発表のISM指数はちょっと弱い可能性はある。この時期要注意。

・金利と相場見通し諸々:インドは利上げ近い。各国の失業率とインフレ率のチェック重要。利上げ、現地通貨高、購買力アップ、現地進出企業に恩恵、て流れが調子が良いうちは続く。米国は成長率下方修正してるから低金利継続。となると新興国への資金流入は続く。タイも利上げか。当面やはりドル安、ユーロ安<<円が中間位<<新興国通貨高、と言う回転か。その後米国利上げ、日本も利上げが見えて来る辺りから、これが逆回転する可能性を考える事になるのかも知れない。

・各国経済状況の話:ブラジルはトータルに状況が良い。中国は不良債権の飛ばしを国家ぐるみでやっている。中国農業銀行のIPOの前に不良債権を別のビーグルに売却したりとか。これを政府がアレンジしている。日本の住専処理とかを彷彿とさせる。

・振興銀行:やっと終わった。SFCGの債権買い取りを大量にしていた辺りから、同業者では「何やってるんだろう?」と言う声は出ていて、全くもって意外でも唐突でもない。銀行の顔をしながら、高い定期預金金利で資金調達して怪しい会社からハイイールド債権買い取って投資なんて、それはヘッジファンドやハゲタカ部隊のやる事で、銀行のやる事ではない。銀行の顔をして一般庶民から預金をかき集めてやる事ではなく、「結構ハイリスクな事やってるよ」と言う説明のもと、ヘッジファンドとしてプロの、リスクを取れる投資家から資金を募ってやる類いの事だ。違法行為はヘッジファンドでも越えてはいけない一線で、昨今ヘッジファンドでもある程度規模のある所は特に、コンプライアンスはしっかりしているし、気をつけるべき事柄である。この辺はFACTAと言う渋い経済雑誌がきっちり追っていた。ブラックな方法でカネを稼ごうとして良い事は何もない。

0 件のコメント:

コメントを投稿