2010年7月26日月曜日

生活習慣改善メモ その2

細かい事だが、こんな改善もしてみた。細かい事でも思いついたら即やるのがポイントかなと。

・カビキラーで風呂のカビを完全に取る。風呂場がキレイなのは気分上も、風水上も大切な気がする。ただこれは頻繁にやれる作業じゃないので、そもそも普段からカビが出ない対策をしておかないといかんなと痛感した。

・上記の対応として、風呂場の換気をきちんとすると同時に、風呂にフタをするようにした。風呂にカビが湧くのは水を溜めてフタをしておらず、蒸気が充満してしまう事も起因していると思ったので。風呂に水を溜めたままフタをしていないと言うのは風水上良くないそうである。

・風水で言えば、トイレのフタも普段から閉めるようにする。

・洗面台に綿棒を置く。ホテルの洗面台とか気の利いたレストランのトイレにそう言えば置いてあって、何かおしゃれだなとそう言えば思っていたので。頻繁に耳掃除をするクセをつけておくのも悪くないだろう。

・一日中部屋に居るときでも、部屋着で楽なりに外に出られる、宅配便等来ても困らないような格好にしておく。

・カフェインや麦茶の代わりにたんぽぽコーヒーを冷やしておく。たんぽぽコーヒーは第一にノンカフェインなのがいい。また、筆者の場合、低血圧・冷え性気味、陰性体質なので、コーヒーや水、麦茶のような陰性の飲み物よりも、陽性で低血圧や冷え性に良く効くたんぽぽコーヒーの方が良いと言う面もある。日常のものは蓄積すると結構効いて来るので体質に合った方に変えようと言う事で。

・やる気が出て、時間がある時だけで構わないので、毎朝の筋トレにおいて、大きな筋肉を手早くつけて代謝を上げられる腕立てとスクワットについては1セットでなくて2セットやる。

・玄関にたくさんの靴を散らかさず、下駄箱に仕舞う。ビジネスシューズについては直ぐに木型を入れて収納しておく。

・酒量を更に減らす。週0−1回程度で、かつ飲む際もビールジョッキ一杯で十分。元々結構飲む方だったのだが、食生活を変更して以来、体が段々「酒は不要だ」と言う風になりつつある事を感じるので。

・今までも比較的そうしてはいたのだが、朝に舌苔を取り、モンダミンでうがいする(細かい話だが、口臭はまれに胃や内蔵が弱っている事から来ている場合もあるものの過半は舌苔が理由)。

・どんなに居心地良い有意義な会でも、最終電車までにきちんと帰る。普通の会は1次会で切り上げる。出なくても良い会、余り気乗りしない会は出ない。

・・・これまた非常に小さい事の寄せ集めだが、習慣は財産になる事にある日気づいた(習慣として定着したものは無くならず、長期に渡りより快い生活に貢献してくれる)。全体として、他人にどう見えるかではなく、他人から見えないとき、見えないところでちゃんとしているかと言うのが、自分自身が健全な気分で居るために大事かなと思ったので、そう言った分野での改善を主にしてみる事にした。

0 件のコメント:

コメントを投稿