2010年7月27日火曜日

主夫編:食養法を適当にアレンジした自作料理。


題名の通り。食養法で、肉等食べた際の中和用に「だいこんおろし+しょうがすったの少々に、熱したごま油をじゅっとかけて、醤油をかけて頂く」と言うレシピがあるのだが、それの応用で適当にパスタを作ってみた。

1、ごま油にニンニクの薄切り2かけら分(元来1かけらでも十分だが、筆者はニンニク沢山入れるのが好きなので)、タマネギ半個分のみじん切り、しょうがの千切り適量、唐辛子2つを炒めて、「和風版ペペロンチーノのもと」みたいなのを作る。ワインを入れる代わりに日本酒を適量入れて味を付ける。具が欲しければ他にも適当に入れる。筆者は冷蔵庫で余っていたレンコンを入れた。

2、全粒粉のパスタを塩を少し入れたたっぷりのお湯で必要な時間より多少短めに茹でて、フライパンに出来た1にパスタを突っ込む。ゆで汁も少し入れる。混ぜながら胡椒で味付けする。

3、最後に大根おろし適量、すりおろしたショウガ少々、たくあんのみじん切り適量、梅干し2つの種を取って包丁で刻んで梅肉にしたもの、しその千切りを盛りつる。

4、3の上に、お玉で熱したごま油をジュッとかけて、醤油を上から適量かけて、完成。

・・・感想。うーん、ちょっと強引な感じもするが、和風のパスタとしてそこそこワークしたかなと言う感じ。大根おろしや梅肉は夏バテにも良さそうな感じ。にんにくやタマネギ等「熱して食べた方が良いもの」は熱して、一方で生のものも適度に取って酵素と鮮度を楽しむと言う組み合わせ感は悪くなかった。たくあんで食感を出したのも比較的ワークするアイデアだった。ただ、日本酒入れたとは言え旨味がちょっと足りなかった。魚介類を多少使うとかしてもうちょっと旨味を出しても良かったかも知れない。とは言えまあミゼラブルな出来にはならずに済んだ。食べるのが自分なので、ホッとした。しかしまあ、Cookpad2193に誇らしげにupする程のクオリティのものではなかったかな・・・。

何にせよ、理科の実験みたいで中々楽しい作業である。食べるのは筆者だけなので自己責任のみで済むと言う面もある(他人も食べるとなると、あんまり適当でチャレンジャー過ぎるトライアルをする訳には、いかないわな、、、)。

オチは無いが、ラベルの通り、趣味・雑談と言う事で。

0 件のコメント:

コメントを投稿