2010年7月18日日曜日

メモ:鉄鋼業界の苦悩

日経新聞より

2008年と2009年の世界粗鋼生産ランキング

1→1位 アルセロールミタル(ルクセンブルク)
6→2位 河北鋼鉄集団(中国)
3→3位 宝鋼集団(中国)
7→4位 武漢鋼鉄(中国)
4→5位 ポスコ(韓国)
2→6位 新日鉄(日本)
・・・
5→9位 JFE(日本)

鉄鋼業界の、あるいは国家の栄枯盛衰の趨勢が濃縮されたランキングのような気がした。

BHPビリトンとリオティントの鉄鉱石事業統合の話も、鉄鋼業界には頭の痛い話だろう。

しかし株価は随分下がったし、上記の話は長期の話である。あまりに長期のネガティブな話まで織り込んで株価が下がった場合は、短期的には鉄鋼業界は買い検討のように思う。ただまあ、1Q決算がどう出るかフォロー出来ている訳じゃないので、もっと短期では1Q決算出てから動くと言う感じになるのかな。あくまでメモ、投資判断は自己責任なので、この点は繰り返しておく。

0 件のコメント:

コメントを投稿