2010年8月3日火曜日

閑話休題:マクロビごはん。


マーケットメモばっかりだったので、閑話休題。

マクロビごはんを作った。何か料理って感じに仕上がったので、嗚呼自己満、と言う事で写真撮影。
右のやつが、ニンジン、ブロッコリー、スナックエンドウをせいろで短時間蒸して、豆腐等をフードプロセッサーにかけて作ってタマゴ等動物性のものがはいっていない「マクロビ用マヨネーズ」で和えたもの。優しい味でおいしい。せいろで野菜や魚を蒸すだけで素材の味が活きた本格的っぽい食事が作れるし、フードプロセッサーがあるとちょっと凝ったソースやスープの類いが簡単に作れる。これらは投資するに値するし、お勧めである。

左側が、白身魚をグリル焼きにして、梅肉その他をすりおろして作ったソースをかけたものと、大根の千切りにレモンの皮の千切りを少量入れて水分を飛ばすために塩を多少振ってボウルで混ぜたもの。動物性タンパクの魚を大根で解毒する、と言う関係にある。魚に大根おろしとかを添えるのは相応の理由があるのである。ただの焼き魚も、梅肉ソースをかける事で一気に「それっぽい」メインになる。

上記の欠点は、豆腐マヨネーズや梅肉ソース等からスクラッチから作った所、筆者の手際の悪さもあるかも知れないが1.5〜2時間弱もかかってしまう事。週末に豆腐マヨネーズや梅肉ソース等を作り置きしておいた上で野菜の豆腐マヨネーズ和えの方は休日に作り置きして、仕事がある時は魚を焼くだけ、と言う風にしておけば平日でも対応出来そうだが、マクロビオティック料理は比較的手の込んだものが多い。これは改善余地があるように思う。とにかく簡単である事が、継続のためには重要である。

レシピはこちら。

久司道夫のマクロビオティック 四季のレシピ [単行本]


こちらは番外。ただのカレーライス。油はオリーブオイルを利用して、ニンニクを炒めてある。また、水だけでなく純米酒を混ぜて煮ている(従って、カレーの割に結構贅沢である)。具はニンニクに加えてニンジン、タマネギ、ジャガイモ、カボチャ、冷凍のシーフードミックスも多少入れている。ご飯には白米ではなく、玄米に雑穀と黒豆を加えたものを使用している。

冬にカレーを食べると冷えがひどくなるので注意だが、夏にはカレーである。しかもやっぱり簡単である。野菜を適当に切って、鍋で炒めて、煮て、カレールー入れるだけ。カレールーは化学調味料の類いが応分に入っているので注意が必要なのは分かっては居るのだが、やっぱり簡単。何よりジャパニーズソウルフードだし、ジャパニーズの筆者的には、やっぱり旨い。

0 件のコメント:

コメントを投稿