2010年8月24日火曜日

生活習慣改善:ルンバ・・・今って21世紀なんだなあと実感する掃除機。

(廊下を颯爽と掃除する、ルンバの勇姿)

これは凄い。乾燥機付き全自動洗濯機以来の一品である。
定価が79800円するのでこれは高過ぎると思っていたのだが、楽天で39800円で売られていたので買う事にした。

てんとう虫のように自動で床を歩き回りながら全自動で床を掃除してくれて、電池が切れて来ると自分で充電ドックに戻る。とても可愛らしく、初めて使った際には思わずルンバが掃除をする後を付いて行ってしまった(これでは自動化する意味が無いが、最初はどこで立ち往生したりエラーが生じるのか、外出時に使っても差し支えないかをチェックしておきたかったので)。

毛足の長いカーペット(乗り上げると動けなくなって立ち往生する事がある)、中途半端な段差(階段のような大きな段差は避けてくれるし、ごく微小な段差なら対応可能だが、2−3センチ前半位の小さな段差で立ち往生する事がある)、床にものを散らかしていたりコンセントの配線等があると引っかかったりする事があり、これらにはやや弱い。ただしこの点も「バーチャルウォール」と言って、無線で「ここから先には行かないようにする」と言う事が出来るようになっている。後は床にモノを散らかさない事である。

上記の点にさえ気をつけて使えば、隅っこ等も含めて本当にキレイに掃除してくれるし、「お遊びガジェット」ではなく、完全に「自動お掃除ロボット」として実用の域に達している。外出時にスイッチオンしておけば、床掃除はルンバ君にお任せで、後は風呂場や毛足の長いカーペットの上だけをほんの時々自分で掃除すれば良いだけに。掃除機をかける必要が殆ど無くなる。

それにしても、壁掛けテレビにお掃除ロボットって、ドラえもんとかの22世紀の世界のマンガの中での出来事だったものが、既に実現している。思い描くものは実現するもんなのだなあと思うと共に、自身が「少し前には想像上の近未来だった、21世紀の今」を生きている事を実感する昨今である。

さて、掃除する時間が浮いた分で、何をするかな、、、名刺管理は終了したので、次は過去の仕事のノートの整理かな、、、

(ルンバについての詳細はこちらも参照)

0 件のコメント:

コメントを投稿