2011年1月19日水曜日

本日の名言

心の持ちやうは、滅らず、上らず、巧まず、恐れず、直ぐに、広くして、意のこころ軽く、心のこころ重く、心を水にして、折りにふれ、ことに応ずる心なり。水に碧潭の色あり、一滴もあり、そう海もあり。よくよく吟味あるべし。

(こころの持ちようは、弱気になり萎縮することなく、逸り浮かれることなく、策略を仕懸けることなく、恐れることなく、真直ぐに、広く保ち、一つのことに集中する意志である意のこころは軽めに、大きく広い心構えである心のこころに重きを置き、こころを水として、ときどきに従い、ことに即応することである。水には澄んだ深い緑の淵も、一滴の水も、青い海もある。よくよく考え尽くすべきである。)

宮本武蔵

0 件のコメント:

コメントを投稿