2011年1月7日金曜日

ロハス金融道:深夜ラジオ風、運用業界ぐだぐだトーク

掲題の通り、今回は深夜ラジオ風、運用業界ぐだぐだトークで。

効果音は、やっぱコレで。




ぱー ぱらっぱっ ぱっぱらぱっ ぱっぱぱっ ぱっぱらぱー ぱっぱぱっ ぽぱっぱぱっ ぱぱーららっちゃんちゃん♪

えーでは投稿行きましょう。東京都の匿名希望さん。

>匿名希望でお願いします。

了解しました〜。

>Twitterのつぶやき見ました。

ありがとうございます〜。

私もこの業界、うちの会社でも、朝、会ったら挨拶ぐらいしろよ、とという気分です。
ちなみに、隣の人とはまだ1回もおはようございますをしたことがありません。日本の会社なのに、、。

うーんそうですかそうですか。

実はですねー、「挨拶もしないんだよ」と言うのは、実際とある運用会社のかたからも、結構前にヒアリングしていた内容なのですね〜。朝の挨拶もないオフィスなんて、何だか陰鬱ですよね。皆で雰囲気を変えて行きたい所ですね♪

さて、こう言う話はですね、まず匿名希望さんが先ず先鞭を付けられて、挨拶のあるオフィスになる事を切に祈ります。

ポイントとしては、無視されても落ち込んだり腹を立てない事でしょうか。期待値を低くもっておき、挨拶が多少でも返って来たら、おお上ブレ、ポジティブサプライズだよ(笑)、位で考えておきましょう♪なんつーレベルの会社・業界なんだよ、とか深い事は考えちゃいけません!^^;美輪明宏先生も、「人間関係は腹6分目で」と仰っています。他人に多くを求めてはいけません。挨拶の返事くらい求めていいだろ、それって「多く」なの!?と言った事は考えてはいけません!w

さて、笑えない笑い話はこの辺にして、まず自らが「無視される」と言うリスクを取っても、小さい一歩でも踏み出す事が重要です。

また、これも筆者がTwitterで呟いた内容ですが、例えばスタバで店員さんからコーヒーを受け取る際等に、「ありがとう」と言われるようにしてみては如何でしょうか。

筆者もこの習慣を付ける初期そうでしたが、人に「ありがとう」と言い慣れていない事に気づきました。

朝の挨拶もしないご同僚等がその姿を見たら驚かれるかも知れませんが、感謝の言葉は非常に大切だと思いますし、何かしら「挨拶もしない同僚」にも響くものがあるかも知れません。

カネを払ってるから感謝する必要なんてない、と言った考えではいけません。コーヒーとそれによるちょっとしたほっとするひと時を提供してくれる事に対して、感謝するのです。コーヒーが手許に届くまでに、南米だかアフリカだかの農園でコーヒー作ってくれている人がいて、海運業者さんや運送業者さんが運んでくれて、スタバがリスク取ってあちこち出店してくれていて、スタバの店員さんが朝早くから準備してくれているから、コーヒーが飲めるのです。有り難い事ではないですか。

金融マンには得てして、こう言った思考が決定的に足らない面が場合によっては見受けられるように思います(全員とは言いませんが)。あん?スタバに高い粗利率くれてやってプレミアム付けて、サービスに対する対価支払ってんだから、当たり前だろコーヒーが出て来るのは?

・・・おーノーノー!いざとなったら、紙切れやコイン幾ら払っても、誰もサービスは提供してくれません。戦後の日本などそうでした。米や食料といった有限な実物資産を、バーナンキさんや白川さんの号令一つで幾らでも印刷出来る紙切れで買うと言うのは、実はちょっとした集団詐欺レベルの話で、今それに気づいている人が増えていると言う事であります。コーヒー価格も昨今上昇していますね?元々先進国の奴隷のような地位でつらい環境でコーヒーを作っていたブラジルがコーヒーを消費する側になり、中国人が一斉にスタバでコーヒー飲み始めたら、もう日本人はいいよコーヒー飲まなくて、と言った事になるかも知れません。これはちょっとした事です(日本のスタバ株じゃなくて、米国スタバ株なんかは面白いかも知れませんね!)。感謝した方がいいです。

それに、スタバの店員さんの女性がちょっと嬉しそうにしている様を見るのは、中々悪くありません!(笑) 筆者はカフェの店員の女性には萌えますね。凄い美人って訳じゃないけどカフェが好きそうで良く見るとかわいくてちょっと内気そう、位の感じだとツボにクリティカルヒットであります!笑

さて筆者が何に萌えるかの雑談はいいとして、後は、以前にも書きましたが、こちらから何度挨拶をしても挨拶を返さないようなコミュニティからは少し距離を置かれてみては如何でしょうか?

他人を変える事は中々出来ないものです。先ず自ら挨拶する等で一歩踏み出す事は大事です。それによって、「本当は気持ち良く挨拶したいんだけど、ちょっと気恥ずかしくて勇気が出ない層」の挨拶がし易い状態を作れるからです。しかし、「何度挨拶しても無視する人を変える」と言うのは難しいと思います。気持ち良い挨拶をしてくれる友人知人に感謝して、大切にしましょう。

ではでは!

0 件のコメント:

コメントを投稿