2011年2月20日日曜日

箸休め:美術史の勉強。


箸休めに、美術史の勉強をまんがでしている。


結構いい感じだ。

ロマネスク(重い天井、それを支える分厚い柱と壁、窓は小さい、薄暗い神秘的な感じ)とゴシック調(高い軽い、ステンドグラスの大きな窓)の違いとか、確か学生時代の速読英単語byZ会のテキストに入ってたなーとか。職人からいわゆる芸術家と言う職業が確立して来たのがルネサンスですねとか、遠近法もこの頃ですねとか。別にオチがある訳ではないが、中々面白い。

ふと思ったのが、アートとは、過去を踏まえつつも、その時代時代でブレイクスルー、イノベーションをやっていると言う事で、それこそがアートだと言う事である。今の時点でルネサンス期のようなものを模倣してもそれはアートとは言わない。この時代に、新しく遠近法の技法を開発したり、油絵の手法を取り入れたり、人間を人間らしく描いて神様万歳から素晴らしき哉人間にシフトしたり、と言う事をやったからラファエロだのダヴィンチだのミケランジェロだのは「職人」ではなく「芸術家」たり得たのだなと言う事が読んでいてよく分かった。爪の先位で良いから見習いたいものだ(投資手法やトレード手法で新機軸と言うのも、中々難しいんですが!)。

また、ミケランジェロみたいな天才肌の人間でも、時々で煮詰まったり悩んだりするんだなとか。才能の量や規模的に全然違うが、筆者もリサーチスタイルを変えている過程で慣れない所は勿論沢山あるので、結構励まされる。慣れない所が沢山あると言うのは、進歩していると言う事だ。前向きに考えよう、とか。

芸術家の人生やありようと言うのも、中々含蓄深いものである。

0 件のコメント:

コメントを投稿